芸能人を支えるマネージャーってどんな勉強をしたらよいのか

マネージャーとして芸能人を支えるにはどういった勉強が必要か

マネージャーという仕事に求められる資質

ではマネージャーにはいったいどういった資質と勉強が必要なのでしょうか。
まずマネージャーになるにはもちろんコネがあれば別ですが、そうでない場合は芸能プロダクションに就職することになります。
しかし大手は狭き門となっているようなので学歴だけでは難しく、とにかくやる気と豊富な経験が要求される仕事のようです。
さらにマネージャーを養成する学校もありますのでそちらに入学するというのも一つの方法です。
しかし予想以上にハードな仕事なので知識や勉強しておくことも良いですが、最終的には自分の意欲ややる気を認めてもらうことが近道のようです。
結果として一番の近道は芸能事務所化プロダクションに入社して、現場でたたき上げてもらう事だと思います。

マネージャーとは相当大変な仕事

マネージャーとは予想する以上にハードな仕事で基本的には休みというものは存在しないといってよいかと思います。
芸能事務所の方針など出もマネージャーの働き方は異なりますが、担当したタレントが売れっ子になればなるほどその仕事はハードになっていきますので、タレントが忙しいのと同様にマネージャーの仕事は寝る間を惜しむ激務といえるでしょう。
マネージャーとして勉強しておかなくてはいけないことは、まずコミュニケーション能力です。
これがないと営業して仕事を取ってくることもできませんし、担当したタレントをマネージャーが潰してしまうことになります。
そして行動力と決断力、そして何より健康で体力がある事、そして超が付くポジティブ思考がないとマネージャーの仕事は務まりません。
やる気と体力のある人はマネージャーの世界へ飛び込んでみても良いでしょう。